fc2ブログ

中スポへ新ユニフォームのダメ出ししてみた CDマークなんて私は認めない

守道竜の新ユニフォームの原案が中スポで発表された。オールドユニフォーム基調でおおむね気にいったが、どうぜならとことんシックにすべき。


まず帽子。CDマークではなく、筆記体のDを青系の糸で刺しゅうして、ぱっと見は紺一色のものに。

ユニフォームは詰襟で文字の類、アンダーシャツの色は濃紺で統一し、胸ロゴは筆記体でホーム時はDragons、ビジター時はNagoyaと変化をつける。

ヘルメットは艶消しの濃紺に白い筆記体のD、足元はストッキングを見せるオールドスタイルで渋くまとめる。ついでに言うとユニフォームの白い部分は少しクリームがかった方がシックだ。
スポンサーサイト



時代に逆行する球団名 横浜モバゲーベイスターズ

2011年10月24日23時頃、中日スポーツわいわい広場へ久々に投書してみた。


横浜ベイスターズの譲渡先がDe.N.Aになり、球団名が横浜モバゲーベイスターズとなる見通しと聞いて私は憤慨した。

93年以来ずっと親会社の名前を球団名から外していたのに今回の球団名はまさに改悪そのもの。

親会社の名前ならまだしも商品名を球団名にするとは言語道断。

Jリーグ、大リーグ等の企業名が入ってないチーム名に多く触れている時代、地域名と愛称だけだった球団名を変えてはたしてファンは支持するだろうか。球団名は現行のままにすべきだ。

そしてあくまで希望だが中日ドラゴンズも近いうちに名古屋ドラゴンズに改称してほしい。名古屋人は名古屋が大好き。名古屋人の自尊心をくすぐる球団名・名古屋ドラゴンズにして地元に愛される球団を目指してほしい

高校時代にmixiやブログがあったら阿呆のようにドラゴンズのことばかり書いていた

地元の球団名古屋ドラゴンズが優勝した。

もちろん名古屋ドラゴンズなどというチームはないのだが、落合監督就任以来ユニフォームをはじめとする中日新聞色が妙に濃くなったことを抗議するためにそう表記する。

かつてドラキチだったとはいえども名古屋ドラゴンズの現在のエース吉見の顔も浮かばないくらいの人間なので思い入れがとくになく、書けないのである。

名古屋周辺のおばさんに男の人なのに野球観ないの?と突っ込まれるくらい観ていない。

ブログタイトルのように高校時代にmixiやブログがあったら阿呆のようにドラゴンズのことばかり書いていたと思う。


・多忙
・サッカー、映画をはじめとする他のスポーツ、娯楽へ関心が移った
・落合=裏切り者のイメージが強く、いまだに好きになれないこと
・落合の戦法が好きじゃない
・クライマックスシリーズができたせいでレギュラーシーズンが半ばどっちらけになっていること
・スター選手が米国へ流出してしまった

来年からは敬愛する高木守道氏が名古屋ドラゴンズの監督になるということで今より格段にみる機会が増えると思うが、今年については何も語ることはない。

浅尾拓也をはじめて観た 

私は2004年頃からプロ野球を見なくなった。

子供の頃、少年ドラゴンズというドラゴンズのファンクラブにも入っていたのにかなりの体たらくである。


今ではドラゴンズのスタメンを言えと言われても答える自信がない。


中日スポーツの誌面を飾る有名選手の名前がバラバラに出てくるだけである。



知人に外野席のチケットを貰ったので久々にドーム球場に足を運んだ。


日常よく野球を観ていたのが山田久志監督の時代で止まっており、今の外野席の応援の仕方をほとんど知らず戸惑う。

井端選手が打席に入る時「おおおお~おお~」とうなるのをギリギリ知っているくらいである。


試合は東京ヤクルトとの首位攻防戦でゲーム的に盛り上がりそうな雰囲気である。
いくらプレーオフ(クライマックス)があるとはいえ、盛り上がって当たり前の試合だと思った。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

ところが内野の3塁側を中心に空席が目立つありさま。


球団がここ数年少しでも成績が悪ければ落合を変える雰囲気だったのもうなづける集客力のなさである。


観客に曽我ひとみさんに似た人を見つけたとかそんなことはどうでもいいとして、試合は面白かった。

初回の畠山のホームラン以外はきっちり抑えた先発ソトの奮闘、スワローズ投手陣が見せたドラゴンズのチャンスの芽をひっこぬく牽制球、最後の谷繁のサヨナラヒットとドラマがあってよかった。

野球の醍醐味を味わえた試合だと思う。

谷繁のヒットもよかったが、私が印象に残ったのは9回からマウンドにあがった浅尾。

いまや日本一の中継ぎ投手と言われている彼で、ネット上では甘いマスクから浅尾きゅんなどと呼ばれており、私が一番名前を耳にしたり、目にしている選手ではなかろうか。

そんな彼の活躍をしっかり観たことがなかったのだが、今日しっかりと観た。

ボールの切れ、コントロール、そして度胸。

と素晴らしい投手だと思った。

2-2と緊迫した9回の表に2者連続の三振をとれるのはやはり逞しい。

来年、監督が高木守道氏に変わる。浅尾のプレイスタイルも変わるのだろうか?

プロ野球に関心がなくなったとはいえ、かなり思い入れがある高木監督が再びドラゴンズの監督になる。注目することになるだろう。

甲子園に一度も出ていない伝統校出身者は創部10年以下の学校が出ると歯がゆい

今年の夏の甲子園の愛知県代表が決まった。

代表はなんと数年前まで女子高だったの至学館高校。

中京女子高校時代はときメモ風の制服で全国のマニアにも知られていた。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

地元でもよく知られた高校で不名誉なあだ名で呼ばれていたりしたのに変貌ぶりに驚く。

名電高校を破り、代表を手にしたと聞いた時は、あの×××だろ?と信じられなかった人も多いと思う。高校野球マニアなら創部一年目で豊田大谷高校をいきなり倒したということで要注意な存在ということでマークしていたらしいが、私は知らなかったのでびっくりした。

創部は男女共学化された2005年という。

私の出身校、惟信高校(創立は1925年・86年前)は戦前の旧制惟信中学時代から野球部が存在していて、プロ野球選手まで輩出している。


岡村信夫- プロ野球選手・名古屋軍(後の中日ドラゴンズ)
服部一男- プロ野球選手・名古屋軍(後の中日ドラゴンズ)
早川平一- プロ野球選手・朝日軍(後の松竹ロビンス)

はっきり言って誰ですか?というくらい古い選手。中日ドラゴンズじゃなくて名古屋軍なんだから。

80年以上野球部をやっているのに甲子園に出た経験なし。

戦前からの伝統校で意外にも甲子園に出たことがある公立高校

旭丘 夏8(優勝1) 春4
明和 夏1
時習館 夏1 春2
瑞陵  3 (愛知商業でカウントすべきの声も)
津島  春1
惟信 春夏ともにゼロ


・済美高校(愛媛)…2004年、創部2年でセンバツ甲子園に初出場し、勢いが止まらず優勝。
・神村学園(鹿児島)…2005年、創部2年でセンバツ甲子園に初出場
・創志学園(岡山)…2011年、創部1年全員一年生で甲子園に出場
・至学館(愛知)…2011年、創部6年目で甲子園初出場←NEW!

と創部から10年どころか5年もしないうちに甲子園に出たケースがいくつかあると思うと悔しい。


スクールウォーズの言葉を借りるなら、

おまえらゼロか?ゼロの人間なのか?


と思わず言いたくなる。

戦前から野球部があるのに目立った活躍と言えば最近では2007年の夏の県予選ベスト32。

甲子園など遠い世界である。

学校の数が少なかった戦前の旧制中学の時代にせめて一回くらい出ておけとも言えなくもない。

愛知県の予選は学校数も多ければ、全国的なレベルの私学4強(東邦、名電、中京、享栄)がいつも存在しており、勝ちぬくのは難しい。

これからもたぶん惟信高校は甲子園に行けないと思う。

県立の普通の高校だった大府高校に槇原(元・読売ジャイアンツ)が現れ、甲子園に出場したように化け物みたいな高校生が惟信に現れれば夢ではないかもしれないが、そんなこともなかなか起こりそうもない。


全員1年生(新2年生)創志学園が甲子園に出た時などは、惟信みたいに戦前から野球部があってまだ甲子園に出たことがないような学校をセンバツ甲子園で、永年存続枠みたいな扱いで選んで出場させてはどうかなど私は考えた。
プロフィール

デスペラード持田

Author:デスペラード持田
名古屋グランパス、カズファンだが、サッカー実技は母校・惟信高校の練習試合用シャツの10番をウケ狙いで着せられたCF、OH。カズの代表復帰、Jリーグの改革案を日夜、中日スポーツに投書していた。サザエさん、Every Little Tihng持田香織を寵愛。愛知学院大学歴史学科卒。卒論は近衛文麿内閣について。カレー、ガイア、カンブリアも大好き IS01、IS05ユーザ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デスペラード持田の新・場末ドリーム
デスペラード持田の新・場末ドリームのランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア
名古屋市中川区
おいしいおすし


喜美東鮓
きみあずまずし










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR