fc2ブログ

カズ、中田英寿、川島、松井が参加したベトナムでの慈善試合が実は酷いものだった

昨日のブログで名古屋グランパスが新潟に4-0で快勝して、カズがベトナムで行われたチャリティマッチでゴールを決めたのでいい日だったと私は書いた。


ベトナムインスタントフォー(カップ米麺、カップラーメン) チキン 70g(インスタント食品・輸...

¥168
楽天

しかし、カズがゴールを決めたこの試合内容、待遇が酷かった。

せっかくゴールを決めたのに後味が悪い。



1.Jリーグのシーズン中、強行日程でベトナムにやってきたのに背番号が6。カズと言ったら背番号11なのは慈善試合の中心人物の元同僚、朴智星(ボク・チセイ)が知らないはずがなく、失礼にもほどがある。

2.東日本震災の救済という名目でカズがやってきたはずだが、ベトナムの子どものためのチャリティ試合という話が出ている。(真偽は不明)

3.ベトナムの子どものためならそれはそれでいいかもしれないが、観客のほとんどは南朝鮮人で現地の人や日本人のためという感じがない。

4.上のことに加えて、南朝鮮人アイドルグループ東方神起が試合に参加。ミスターチルドレンの櫻井氏が友人の名波選手の引退試合に参加したのとは意味合いが全然違うと思う。

5.試合前日の晩餐会でカズだけ紹介なし(一緒にいた韓流スターはバッチリ紹介)

6.ベトナムの子供たちとのサッカー教室に韓流スターが付属。韓流ファンの乱入によりサッカー教室が中止になる

7.空港で韓流スターがVIPゲートをくぐる中、何故かカズだけリスト漏れして一般ゲートから帰国
朴智星(ボク・チセイ)は一般的にはパク・チソンと呼ばれるマンチェスターユナイテッドで一時期レギュラーだったすごい選手で日本の京都パープルサンガに所属していた頃、カズにサッカーとは何かを習い、カズを慕う選手として有名。

日本語を上手に話し、ラフプレイや素行で南朝鮮の選手を嫌う日本のサッカー通も朴はいい選手と認めるくらい評判はよかったのだが、今回の残念な出来事で評価がガタ落ちである。

本来海外組食事会の予定があったが、延期し、シーズン中だからやめろと言ったフィジカルコーチを説得するなど相当無理して参加したのに酷い仕打ちだったと私はメディアにかわって伝えたい。

帰国後、カズが言った言葉

「チャリティーマッチのやり方を学びたい」

さすがカズだとしか言えない。

スポンサーサイト



カズさんベトナムでゴール! 名古屋は4発で快勝で言うことなしの日だ。

かつて京都サンガで一緒にプレイしたことがあるマンチェスターユナイテッドの朴智星(パクチソン)の熱心な誘いがあってカズ(=三浦知良)はベトナムで行われた東日本震災救済のチャリティマッチに参加していた。

やめないよ (新潮新書) (新書) / 三浦知良

¥777
楽天


ご存じのようにJリーグは欧州のサッカーリーグと違ってシーズンの真っただ中で参加に躊躇いがあったようだが、

「新たな刺激が疲労を超える」

という名言が飛び出し、参加決定。


一泊三日の強行日程。

主な参加者

朴智星(パク・チソン)、川島永嗣、松井大輔、三浦知良、中田英寿、
パク・チソンのほかに韓国代表のパク・チュヨン、イ・チョンヨン、キ・ソンヨン、日本でも活躍したユ・サンチョル

44歳の白髪が目立つ男は暑い暑いアジアでゴールを決めた。

まだ映像ではみてないが、いつもの11ではなく背番号6をつけたカズが遠くベトナムで大きな仕事を果たした。


今日は瑞穂で名古屋グランパスがアルビレックス新潟に4-0で快勝。

今年はリーグ優勝した去年と違い、快勝と言えるゲームがほとんどなかったのでこれでリズムをつけていただきたい。

こちらもまだ詳細は確認してないがケネディ、玉田と言った点を取ることが宿命のFWで3点を取ったのはいい傾向だ。

強い名古屋を継続ネガウ!

カズをコパアメリカにが中日スポーツに掲載される

3月30日に中日スポーツわいわい広場に投書したものが掲載されたので紹介しておく。

*画像をクリックすると拡大されます

$デスペラード持田の場末ドリーム 


古参の読者の方にはまた中日スポーツかと思われるだろうが…。


【原文】コパ・アメリカ(南米選手権)をカズと一緒に闘おう
http://ameblo.jp/allez10/entry-10846303173.html


コパアメリカについて

サッカーファン以外の方にはコパアメリカがよく知られていないと思うので簡単に説明しておくと、今年川島や本田圭佑、李忠成(り・ただなり)の活躍で優勝し話題になったサッカーアジアカップの南米版である。世界で最も古いナショナルチームによるサッカーの大陸選手権であり、格調が高い大会である。

南米は国の数が少ないので定例で本当の南米の国10カ国に加えて、2カ国(メキシコやアメリカが多い)を特別招待し、コパアメリカという大会を行っている。

今回は南米10国とメキシコ、日本が招待国として闘う。

優勝するとサッカーの大陸選手権の王者が集うコンフェデレーションズカップ(コンフェデ杯)2013に出場する権利がもらえる。

日本はすでに先ごろ行われたアジアの大陸選手権・アジアカップ2011で優勝しているのでコパアメリカで惨敗しても優勝してもコンフェデレーションズカップにはアジア代表として出場することが決まっている。

コパ・アメリカ(南米選手権)をカズと一緒に闘おう

中日スポーツわいわい広場に22:20頃に投稿


東日本の震災で苦境に立たされている日本国民に希望の光を差してくれた29日の慈善試合のカズ。サッカーのチカラとカズの偉大さを再認識した日だった。

さてサッカー日本代表は今年コパアメリカ(南米選手権)に特別招待されている。震災の影響でJリーグの日程が厳しくなり、出場辞退が迫られているが南米の強豪と真剣勝負できる貴重な機会で選出にある程度制限を設けた上でJリーグからも選手を派遣し、海外組とともに出場してほしい。

かつてブラジルのプロリーグにいたカズがもし日本代表として南米で闘うことになれば国民が奮い立つだろう。

カズゴール 本当に今日セリーグが開幕しなくてよかった

東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ 日本代表×Jリーグ選抜が大阪・長居競技場にて行われ、先ほど終了した。

日本代表 2-1 Jリーグ選抜


試合結果は遠藤、岡崎のゴールで2点をとった日本代表が勝利をおさめたが、試合結果より今日はJリーグ選抜で追撃のゴールを決めたカズ(三浦知良)

82分、カズが田中マルクス闘莉王が頭で落としたボールをうまくトラップ。飛び出してきたGK東口順昭をかわし、ボールがゴールに吸い込まれる形となった。

技術的にも難しいシュートでどよめきと歓声が起こった。



カズカズカズカズゴール カズゴール カズゴーーール!


カズのチャント(応援歌)が長居競技場に響き渡った。


技術的に難しいシュートもよかったが、ゴールからカズダンスへの流れが最高だった。

あとスタジアムの雰囲気。


すっかり頭が白くなったカズだが、プレイや振る舞いで大人の渋さを堪能できた。

今日のカズを見て白髪を染めるのをやめようと思った30代40代の男性は少なくないはずだ。

白髪染めのメーカー、ホーユーあたりはカズのゴールを祝福しつつも歯ぎしりしているかもしれない。

カズをよく知らない若い人は何がキングなのかさっぱりわからなかったと思うが今日の試合をもし観たとしたら意味がわかったと思う。

これがカズなんだ。

風格、技術、人望、実績。

すべてが王様。

フランスワールドカップで日本人最初のワールドカップでのゴールを決めていたかもしれない男の姿だ。


ところで当初は今日、セリーグの開幕の日だったのだが、国民からの批判もさることながら今日のカズゴールで一面はカズに持って行かれた可能性が高かったので開幕しなくてよかったとセリーグの重鎮たちは胸をなでおろしているかもしれない。


やめないよ (新潮新書) (新書) / 三浦知良/著

¥777
楽天

プロフィール

デスペラード持田

Author:デスペラード持田
名古屋グランパス、カズファンだが、サッカー実技は母校・惟信高校の練習試合用シャツの10番をウケ狙いで着せられたCF、OH。カズの代表復帰、Jリーグの改革案を日夜、中日スポーツに投書していた。サザエさん、Every Little Tihng持田香織を寵愛。愛知学院大学歴史学科卒。卒論は近衛文麿内閣について。カレー、ガイア、カンブリアも大好き IS01、IS05ユーザ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デスペラード持田の新・場末ドリーム
デスペラード持田の新・場末ドリームのランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア
名古屋市中川区
おいしいおすし


喜美東鮓
きみあずまずし










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR