fc2ブログ

喫茶マウンテンで食べた感想

百聞は一食に如かず 実際に食べた感想です。

$デスペラード持田の場末ブログ

イタリアーノ…トマトソースがベースの比較的まともなパスタ。この店のものにしてはうまい。(余所で食べたらめちゃくちゃまずいってこと)奇抜なメニューが多いだけにこのスパゲティはかなりオーソドックスで量と皿にたまったオイルに負けなければ完食できるはず。女の子や成長期を過ぎた人にはきついけど。750円

$デスペラード持田の場末ブログ

小倉抹茶スパ…パスタ(というより給食のソフト麺。)にあま~い抹茶が練りこんであり、その上にソースとして生クリーム、つぶあん、黄桃、チェリーがのせてある。味は異様にあま~~~く、そしてクドイ。極めつけは温かい。とにかくまずく、ココイチの1300グラムカレー、カレーのLEE30倍などを制覇した私でさえも100円分も食べることが出来なかった。750円(税抜き)写真はありません。

$デスペラード持田の場末ブログ

いちごスパ…麺がミミズ色した気持ち悪いパスタ。トマトソースがかかった比較的まともなイタリアーノと比べるとその異常な赤みがよーくわかる。いちごの酸味と麺に練り込まれたイチゴ香料が気持ち悪い。ピクミンのCMソングで脚光を浴びたストロベリーフラワーに一度食べてもらいたいものだ。750円


$デスペラード持田の場末ブログ


甘口バナナスパ…アントニオ猪木の祖父はパナマ運河付近で青いバナナを食べ、食中毒を起こし死んでしまったのだが、このバナナスパも同様に危険だ。キッチン、TSUGUMIの作者、あんただよ、吉本隆明の娘さん。食べてみろよ。温められたバナナ果肉ソースに温かいチョコレートと生クリームがかけられたとにかく甘ったるいスパゲティだ。あと皿に盛り付けられたバナナのカットの仕方が無造作なのが笑える。800円

オリエンタル…味がしなくて、友人Iくんは自分で塩をかけていた。オリエンタルと言えば東洋だが、何が東洋なのかさっぱりわからない。ドラえもんソーセージ?が手でちぎって?入れてあったのが印象深い。800円
 
$デスペラード持田の場末ブログ

ジョッキコーヒー…酸味があるアイスコーヒーが小さなジョッキに入って出てきた。驚いたことにこのコーヒーに入れるミルクが固まっていた。寒かったからだろうか?お腹を壊しそうなのでこのミルクは結局使わず。「膜・膜が嫌」状態。凍っているのかと思ったら膜が張っていたのです。同席した仲間は口取りのミレーフライに使うチーズでは?と間違ったくらいよく固まってましたわ。

$デスペラード持田の場末ブログ


 さて問題のコーヒーそのものの味ですが、私はコーヒーが好きでいろいろ飲み、酸味があるキリマンジェロコーヒーも度々飲みました。しかし、ジョッキコーヒーの酸味はおかしいです。腐っているのではと思った。まずいですね、はっきりいって。居酒屋に置いてあるようなカルアミルクだと思えば飲めなくもないのですが・・・。400円

$デスペラード持田の場末ブログ

メロンパンスパ…比較的新しいメニューである。メロンが練り込まれた麺に、温かいメロン果肉のソースと生クリームがどっさりとかけられた甘口スパ。
 これまたまずい。メロンが温かいだけで相当気持ち悪いのだが、メロンパンの名に偽りなく、メロンパンを砕いた粉がパルメザンチーズよろしくまぶしてあり、不快感に拍車をかける。200円分も食べることが出来ず私はギブアップした。
 考えて見れば、メロンの果肉がふんだんに使われており、贅沢なスパゲティなのだが、如何せん味が酷すぎる。完食は大変困難だと思われるこのメニュー、ASAYANかなんかの企画でぜひメロン記念日に食べてもらいたいものだ。あとメロンが好きというオウム真理教の損師「麻原彰晃」にも刑罰の一部として食してもらいたい。800円

$デスペラード持田の場末ブログ


ベーコンほうれん草スープスパ…マウンテンのスパゲティというと脂でぎとぎとなものが多いが、このスパゲティはコーンスープの中に浸かっており、オイリーではない。使われている食材もベーコン、ほうれん草がメインで、量に面を食らわなければ、容易に平らげることができるだろう。比較的安心なメニューである。700円

 
$デスペラード持田の場末ブログ

ツナ&シーフードスパ…あさりとツナがどっさりのまともなパスタ。マウンテンらしく脂でぎとぎとなスパゲティだががんばれば全部食べることができるはず。700円

*おことわり*

普通まずい店を実名で紹介すると問題がありそうですが、ローカル情報番組でたびたび紹介されているので、ノープロブレムと判断し、実名を出しました。 


スポンサーサイト



喫茶「マウンテン」の外観、内観

今から紹介する店はまずい店である。その名はマウンテン。

$デスペラード持田の場末ブログ

場所は上の地図を見ていただければわかると思うが、南山大学近くの坂道の中腹にある店だ。
 
マウンテンの名前の通り山の絵の看板があり、

$デスペラード持田の場末ブログ

店の作りも山小屋をイメージした喫茶店だ。

$デスペラード持田の場末ブログ

 テレビ取材があってから照明を改善したと言うが、新聞を読むのには辛いくらい暗く、店内もなんだか中途半端にお洒落にしようとしてる感じで趣味が変。


$デスペラード持田の場末ブログ
 
 そして驚くのは一年中かかっている「氷」の旗。オールシーズン、フラッペが食べられるのだ。私が取材にいったその日は雪が降るくらい寒い日であったが、ちゃんとフラッペの販売をしていた。



 駐車場には車がたくさん止まっており(この日はエスティマやオペル、ハイエースバンなどが停めてありました)まずくて有名なのに?と来店した人は首をかしげることになるだろう。

 駐車場の脇にはたくさんの植物がところ狭しと栽培されている。その怪しさといったらオウム真理教の化学プラントを彷彿させる。

「大量生産はしない、手作りを提供する」

とマスター加納さんは時折取材に訪れる各マスコミに豪語しているそうだが、ビニールに包んで栽培しているサボテンはサボテンスパの原料なのか?

$デスペラード持田の場末ブログ


さて問題のメニューだが、スパゲティを中心にとんでもなく種類がある。平均800~1000円くらいでちゃんとした店並の値段だ。普通のスパゲティも「オリエンタル」「ヤング」などこれはなんだろう?ってものが多いが、あまたあるスパの中で一際目に付くのが甘味スパシリーズ。小倉抹茶スパ、イチゴスパ、メロンパン風など、メニューを見ただけでこれって食べられるの?とマスターのセンスを疑ってしまうものばかりだ。

メニューはこちらを参照
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Piano/4969/yamamenu.htm
プロフィール

デスペラード持田

Author:デスペラード持田
名古屋グランパス、カズファンだが、サッカー実技は母校・惟信高校の練習試合用シャツの10番をウケ狙いで着せられたCF、OH。カズの代表復帰、Jリーグの改革案を日夜、中日スポーツに投書していた。サザエさん、Every Little Tihng持田香織を寵愛。愛知学院大学歴史学科卒。卒論は近衛文麿内閣について。カレー、ガイア、カンブリアも大好き IS01、IS05ユーザ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デスペラード持田の新・場末ドリーム
デスペラード持田の新・場末ドリームのランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア
名古屋市中川区
おいしいおすし


喜美東鮓
きみあずまずし










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR