fc2ブログ

イタリア旅行 ローマ編その2

テルミニ駅というローマ最大の駅から歩いて10分くらいの場所にあるサンタマリア・マッジョーレ教会。

デスペラード持田の場末ドリーム 

私は知らなかったがローマの4大寺院の一つで有名のようだ。ローマ一高いといわれる鐘楼は11世紀に花開いたロマネスク様式
のものである。聖母マリアの伝説の基づいて雪のサンタマリアという通称がある。

創建自体は431年と鐘楼と比べ物にならないくらい古い。

夜になるとライトアップされて青白く怪しげでありながら美しい雰囲気を醸し出すが、お世辞にも好青年とはいえない感じの若者が
酒盛りしたり、浮浪者が寝ているのであまり近づきたくない。

(ローマは浮浪者やジプシーが多い街。夜9時以降出歩かない方がいい。私も英語で話しかけてきた中年のやや汚い格好をした女性
にお恵みをねだられた。)

午前中に行くと教会の前の広場に大量のワインやビールの瓶が転がっていたりする。

デスペラード持田の場末ドリーム 

サンタマジョーレ教会に眠っている教皇。
教皇ピウス5世(Pius V 在位1566年~77年)か 教皇シクストゥス5世(Sixtus V 在位1585年~90年)のどちらか。現在勉強中。

デスペラード持田の場末ドリーム 

カプチーノ派の教会。正式名称より通称の骸骨寺の方が有名である。

その名前の由来は教会の聖職者達の骸骨が教会の下に納められていることから。
約4000人の骸骨が飾られている。添乗員によれば若い男性中心にわりと人気があるところらしい。
改装中のため中には入れなかった。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

蜂の噴水。
サンピエトロ大聖堂を設計したバロック建築の巨匠ベルニーニが法王ウルバヌス8世の在位記念の為に法王の家の紋章、蜂を彫刻した作品。

貝は豊穣を意味。



スポンサーサイト



イタリア旅行 ナポリ編

NHKイタリア語会話のジローラモ・パンツェッタ、加藤ローサの出身地の港町ナポリ。

アメリカの稀代のギャング、アル・カポネ(マフィアとは元来シチリアの流れを組む愚連隊。カポネはシチリアの出身でないので厳密に言えばマフィアではない。)を輩出した地であるためかとても治安が悪く、バスの座席の上に絶対荷物を置いていかないようガイドから警告があった。

デスペラード持田の場末ドリーム 

自動車の盗難は日常茶飯事とか。遠目では港が美しく、街並みも映画のセットみたいでよい雰囲気だが、近寄ると殺伐とした感じをなんとなく受ける。

またマラドーナが80年代半ば~90年代初頭まで在籍し、隆盛を誇っていたプロサッカーチームのナポリがこの街にあるが今は弱いらしい。



「すべての道はローマに通ずる」という言葉があるが、ローマとイタリア内外の各地を結んだ道こそが紀元前にローマ帝国が作った
アッピア街道である。


デスペラード持田の場末ドリーム 

街道の両脇にはローマの松と呼ばれる松が植えられている。ローマの松は日本の松と違い、上の方が丸くなっていてかわいらしい感じが
して、何より松ぼっくりが直径10センチ以上と異様に大きい。

名古屋市の鳴海、知立市周辺など愛知県内には江戸時代に作られた東海道の松並木が少しづつ残っているが、それになんとなく似ていると名古屋人の私は思った。

イタリア旅行 ポンペイ編

紀元79年、ベスピオ火山の噴火により、街全体が瞬時にして火山灰に埋もれてしまった悲劇の都市・ポンペイ。
18世紀のはじめ偶然に発見されるまで1700年ほどあたかもタイムカプセルの宝物のように眠っていた街だ。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

他の遺跡と違い、当時の生活がありのままに真空パックされているのでぜひ一度見て欲しい。



日本で言えば弥生時代に考えられないくらい豊かな生活が送られていて、

$デスペラード持田の場末ドリーム 

鉛製の水道、

$デスペラード持田の場末ドリーム 


売春宿、

バー、クリーニング屋、脱衣所付きでさまざまな大きさの浴槽がある浴場などが残っている。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

火山灰に埋もれ、苦しみながら死んでいった人の一人。このような死体がポンペイの火山灰からたくさん発掘されており、中にはコインを握りながら、あるいは男女が抱き合ったままの状態の死体もあるようだ。

イタリア旅行 ローマ編その1

$デスペラード持田の場末ドリーム 

コンスタンティヌス帝の凱旋門。当時副帝だったコンスタンティヌス帝が、正帝マクセンティウス帝を、312年ミルヴィオ橋の戦いで勝利した
事を記念して315年に作られた凱旋門だと言われている。パリにあるナポレオンが作らせたエトワール凱旋門は今スタンスティヌス帝の凱
旋門を参考にして作られたもの。他にもローマにはたくさん凱旋門があるが完全な形で残っているのものは少ない。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

コロッセオ。ヴェスパシアヌス帝が紀元72年に着工した円形競技場で、80年彼の息子ティトス帝により完成された。紀元前の建物が半壊したとは言え、残っているのはすごい。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

コロッセオが今の切り出した状態になっているのは地震による倒壊や、中世に石切り場として利用されたため。古代ローマ時代ではここで剣闘士同士の戦いや奴隷と猛獣の戦いが繰り広げられていた。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

コロッセオに行くと剣闘士のコスプレをした男を数人見かける。観光客を相手に写真をとらないかと金儲けをするためだ。
中の人は結構なおじさんが多く、怪しいながら日本語も使ってくる。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

有名なトレビの泉。コインの正しい投げ方はどの国の硬貨でもよいので、コインを右手に持ち左肩越しに後ろへ投げる。

1枚投げるとふたたびこの場所に戻ってこられる。
2枚投げると素敵な出会いがある。
3枚目は誰かと縁を切りたいときに。別れられるそうだ。

私は100円玉を2回投げた。



投げ込まれたコインを物色する女。どうやら泉の周りから手を伸ばしてコインをとるのは黙認されているようだ。
しかし、トレビの泉の水の中に入ってコインをとろうとすると見張りの警官にとがめられる。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

スペイン広場のスペイン階段。イタリアにあるのにスペイン広場という名前がついているのは昔、スペイン大使館があったからである。
ローマの休日でオードリー・ヘプバーン演じるアン王女がグレゴリー・ペック演じる新聞記者ジョーと一緒にジェラートを食べながら階段
を降りることで有名なスペイン階段だが、現在は飲食禁止。

うしろに見える建物はトリニタ・ディ・モンティ教会で改装中だった。なおスペイン広場、コンドッティ通周辺はスリやミサンガを勝手に観
光客の手首に高額な金(ひどい場合100ユーロ)を要求する輩がよく出没するので注意したい。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


コンドッティ通。有名ブランドが軒を連ねている。夏は7月中旬~8月・冬は1月中旬~2月にバーゲンが行われる模様。

イタリアブランドのグッチ、ブルガリ、フェラガモ、アルマーニ、プラダを中心にディオール、カルチェ、ルイ・ヴィトン、マックス・マーラー、
シャネルなど色々な高級ブランド店がある。
私のような低所得者はここで上記のブランドものを買うのはちょっときついのでミラノから国境を越えてすぐのスイスのフォックス・タウン
(イタリアからスイスの入国審査は2分くらいで終わる)やフィレンツェなどのアウトレットで購入するか、コルソ通でスポーツ、カジュアル
ブランドを狙うのがよい。ナイキやアディダス、ディーゼル、ゲスなどが購入できるらしい。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


現在のスペイン大使館。私がイタリアに行く4日前スペインで列車爆破のテロが起き、200人以上の方が亡くなった。

事故が起こってから一週間以上たったこの日も(3月20日)死者を弔う花がスペイン大使館の前にたくさんおかれていた。
テロはけして対岸の火事ではない。このような卑劣なテロがなくなるように・・・。

イタリア旅行 バチカン市国編

面積0.44k㎡、ナゴヤドーム9.1個分という世界一小さな独立国(名古屋で一番小さな区熱田区にもしバチカンを持ってきたら18個できる)
バチカン市国。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

そのバチカンに世界最大のカトリック教会、サンピエトロ大聖堂がある。歴代の法王はサン・ピエトロ大聖堂の地下で永眠している。
800年、カール大帝の戴冠式などさまざまな歴史的事件の舞台になっている。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

イエスの跡を継ぎ、天国の鍵を受け取ったと言われる聖人ペテロ像の足元にはたくさんの人が集まり、祈りをささげたり、
つま先をさすったり、あるいは熱心な信者になると接吻している人もいる。ジュリエッタ像と同じくペテロ像のつま先も激し
く磨耗していてつるつるである。

イタリア旅行 フィレンツェ編その2

フィレンツェの町の中で、一番高い場所であるドゥオモのクーポラの頂上までは、463段の狭い石階段を上らなければいけない。
これは大変だ。上り慣れない石段に、そしてイタリアに訪れる前に痛めた内転筋が悲鳴をあげる。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

上の落書きは階段の踊り場付近にあった落書き。日本人の恥である。もちろんイタリア人や英語の落書きも多いが、漢字やひらがな、
ハングルの落書きは非常に目立つので格好悪い。

「中田英寿」という落書きが多く、中田選手は本当にかわいそう。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


ドゥオモのクーポラの内部には地獄絵のフレスコ画がある。フレスコ画は直接、壁に色をしみこませるので、時間がたっても、色あせるこ
とがほとんどない。ただしコストはかかる。


$デスペラード持田の場末ドリーム 

上のような落書きをした富樫敏夫・富樫重信・富樫良子をはじめとするバカな日本人、大韓民国とわざわざこんなところで国を主張する韓国
人よ、おまえら地獄に落ちろよと地獄絵を見て思った。

なお写真撮影はOKだが、フラッシュはだめなので感度を上げて撮影するとなんとか自然光で撮れる。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

クーポラから撮影。赤レンガの街並みが本当に美しく、しばらく見とれてしまう。さまざまな国の人がそれぞれの言葉で大歓声。まるで映画の
セットのように見えるが本物の民家や教会である。冷静と情熱のあいだという映画で竹之内豊とケリー・チャンがここで待ち合わせをするという
設定になっているらしいが、見たことがないので知りません。


ドゥオモの頂上で見つけた落書き。あなたがたの落書きこそ謝罪と賠償モノではないだろうか?イタリア人に喧嘩を売っているとしか思えない自
己主張である。何が大韓民国なのか・・・。


$デスペラード持田の場末ドリーム 


サンタ・マリア・ノッヴェッラ教会。マザッチョの「三位一体」やフィリッピーノ・リッピの「聖フィリッポと聖ヨハネ伝」などのフレスコ画がある。

イタリア旅行 ピサ編

左側の塔がガリレオ・ガリレイが重力の実験をしたと言われている今にも倒れそうな傾きをしているピサの斜塔。私個人の話で恐縮だが、
昔ピサの斜塔ゲームというジェンガの親戚のようなおもちゃがあって小学校の頃遊んでいたので本物を見てとても感慨深い。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

手前の円筒型の建物はピサノ洗礼堂で中で声を出すとエコーがワワワ~ンとかかる不思議な建物。奥の建物はピサのドゥオモ。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


この位置から見るとピサの斜塔がいかに傾いているかよくわかる。

左側の建物は大理石のロマネスク建築で天井が高く、四層の小アーケードが建物の正面を飾るのピサのドゥオモ(ピサ大聖堂)。

ピサの斜塔はこのピサのドゥオモの鐘塔として1174 年から建て始められた。最初は垂直であったが、地盤が悪かったので工事途中から傾
き出し、上部は少しずつ傾斜を修正しつつ1350年完成した。いまだに傾き続けているといい、世界各国から保存の為の基金を集めている。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

ピサの斜塔のお膝元にあった露店。イタリアの観光地には露店が必ずあり、中でも偽者のレプリカゲームシャツを売る店が多い。

けっこう陽気でこれぞイタリア人という感じのジローラモのような人が売っている。

外国人もよくこの偽者ゲームシャツを買っていくようで、日本人が通りかかると、「ナカタアリマスヨ」とか「コンニチハ」と話しかけてくる。

日本人が買うと、ぼったくることもあるからがんばって値引き交渉してみよう。私のいったツアーの参加者に成功した人がいたから。
英語はたいがい話せる。



憧れの「おめが」や「ロレックス」のような時計を売り歩く黒人男性。ひとつ30ユーロほどの値段ですが、買っても空港で没収される。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

イタリア旅行 フィレンツェ編

フィレンツェの街を徘徊するジプシー。停車中の自動車に近づき、洗剤とブラシでフロントガラスを洗うからと金を要求する。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


中には勝手に洗剤をかけ、泡だらけにし、金を払ったら吹いてあげるという悪質なジプシーもいる。地元の人は慣れっこなので
クラクションを鳴らしたり、どかないと轢いてしまうぞと車を前後に動かし、威嚇する。

真昼間からヘッドライトがついているのは、ヘッドライトをつけると事故が少なくなる統計が何年か前に発表され、イタリアなど
ヨーロッパでは広く知れ渡っているからである。



1400年代に花開いたルネサンスの雰囲気が今もなお残る美しい街フィレンツェ。

ウフィッツィ美術館とともに訪れたいのがやはりドゥオモ(フィレンツェ大聖堂)などの建物。ドゥオモ広場には観光客、それから観光客の似顔や風景を書く芸術家であふれている。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


手前が天国の扉で有名なサン・ジョヴァンニ洗礼堂、右のタワーがジオットの鐘楼、中央の建物がドゥオモ、フィレンツェ大聖堂である。

ドゥオモ広場で徘徊するジプシー。子連れで慈悲を乞う者がいるが絶対金品をあげてはならない。収拾がつかなくなる。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


写真の彼女のスタイルはスカーフを巻いていないこと以外はわりとありがちなスタイル。スカーフでほおを覆い、わりとカラフルな上着を着て、長いスカート
を履いているのがコンサヴァーティヴなジプシーである。

しかしなかには金髪で綺麗な格好をしていて普通のイタリア国民と見分けがつかない者もいるようなので注意したい。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

ドゥオモの丸いたまねぎみたいな屋根はクーポラ、クゥーポラと呼ばれていて、そこに登るとフィレンツェの街が一望できる。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


サン・ジョヴァンニ洗礼堂の扉の一つに、ルネッサンスの代表的なレリーフのパネルが付けられいる。ロレンツォ・ギベルティ制作

のこの作品は、旧約聖書の10場面を描いたブロンズのレリーフの上に金を張ったもので、のちにミケランジェロによって『天国への門』と名付けらた。写真に出ているものは、日本の寄付金によって制作されたコピーで、本物はフィレンツェ大聖堂付属美術館収蔵。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


サンタ・クローチェ教会。1294年アルノルフォ・ディ・カンビオの設計に基づいて建設が始まり、1385年に本堂が完成し、最終的にフ
ァサード(玄関)が出来上がったのは19世紀というこれまた建設に時間がかかった教会。フランチェスコ派の教会。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


黄昏のヴェッキオ橋。

橋の上は両脇に宝飾店の数々が並んでいて、橋の2階はヴェッキオ宮からピッティ宮殿を結ぶヴァザーリの回廊となっていて、予約をすればヴァザーリの回廊の両壁に飾られているすばらしい絵画コレクションを見ることができる。

イタリア旅行 ヴェネツィア編

デスペラード持田の場末ブログ

176の運河に400以 上の橋がある路地と運河が入り組んだヴェネツィアで足となるのはこのゴンドラおよび水上バス。

水上バスの運転は結構荒っぽかったりする。ゴンドラ乗りはゴンドリエレといい、陽気な人が多く、日本語、英語も得意だ。私が乗ったゴンドラは西武のエース松坂を知っている人が漕いでいた。

乗り終えた後、料金のほかにチップあるいはゴンドラの周りで写真を撮っていた人が近づいてきて「千円、テンユーロ。写真どうですか?」と日本語で売りに来たりする。ヴェネツィア(ヴェニス、ベニスは英語読みベネチアとも表記される)のゴンドラは大変有名でロマンティックなものとされているが運河は生活排水が大量に入ってくるので激しく臭い。

ヘドロの匂いがひどい。名古屋で言うならば堀川の匂い。

デスペラード持田の場末ブログ


サンマルコ広場から見るサンマルコ寺院(サンマルコ大聖堂)。828年、商人たちの手によりエジプトのアレクサンドリアから聖人(=サン 英語のセント)マルコの遺骨がヴェネツィアに運び込まれた。

そのサン・マルコの遺骨を収納するための寺院がサン・マルコ寺院。ヴェネツィアは昔から水没の危機に晒されており、高潮(ACQUA ALTAアクア・アルタ)で床下、床上浸水にたびたび見舞われる。この広場が水浸しになるのはしょっちゅうのことですぐにアクア・アルタの時にすぐに組み立てが可能な桟橋が用意されている。ヴェネツィアは車の乗り入れができないこともおさえておきたい。

デスペラード持田の場末ブログ

世界初の喫茶店であるカッフェ・フローリアン。キャサリン・ヘプバーン主演の『旅情』という中年おばさんがはかない恋にゆらいでいく映画にも登場するカッフェ。あいにくこの時は休業中。

$デスペラード持田の場末ブログ

サンマルコ広場の周りにはバール(=BARと書く。お酒も飲める立ち飲み喫茶店)や両替所、飲食店、ブランドショップが並ぶが街角で黒人男性がいかにもというコピー商品(ルイ・ヴィトンもどきが多い)を売り歩いているのをよく目撃する。日本人は目が肥えているのでまったく無視している感じを受けた。彼らの多くはセネガル人(ゼネガルではない!)らしい。

イタリア旅行 ヴェローナ編

デスペラード持田の場末ブログ

ヴェローナ郊外に広がるワインを造るためのぶどう畑。このようなぶとう畑はイタリア国中で見ることが出来る。

ヴェローナのあるヴェネトは良質なワインの産地として知られ、4月にはイタリア最大のワインフェスティヴァルが開催

デスペラード持田の場末ブログ

ロミオとジュリエットのロミオの家とされているものは、スカラ家の廊のすぐ脇の通りVia delle Arche Scaligere にあります。

建物の上のM字型の胸壁が14世紀の建物であることを表している。

内部は見学不可。

このあたりの壁は古いものがそのまま使われており、アンモナイトの化石が混じっていることもよくある。イタリア通を気取るならロミオではなくロメオとイタリア語読みで。

デスペラード持田の場末ブログ

ブラ広場から高級ブランドショップの建ち並ぶマッツィーニ通りVia Mazziniを10分ほど歩き、カペッロ通りVia Capelloを右に曲がると、ジュリエットの家がある。ジュリエットも英語読みなのでジュリエッタとイタリア語でいいたいところ。 

シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」はヴェローナで実際あった話を元にしたと言われ、ジュリエットの家のモデルとなったキャピュレット家(イタリア名・カプレティ)の邸宅が一般人にも公開されていて、バルコニーに立つことも出来る。写真の女性のように悲劇のヒロインごっこができるわけだ。

壁の落書きは恋愛成就の願懸け、あるいは私たちの愛が永遠に続きますようにという意味の落書きで半ば黙認されている。
Ti amo!(I Love Youの意味。愛してるよ。)とめちゃくちゃ落書きされている。付箋のような紙もたくさん貼ってあるがだいたいメッセージは一緒。

デスペラード持田の場末ブログ

ジュリエッタ像。この像の胸に触るとすてきな出会いがあるらしいので彼氏がいない女性は触ってみよう。
アヴェック・・・いやカップルの人は二人で一緒に触るといいらしい。

日本のとげぬき地蔵みたいなもんでジュリエッタの胸は激しく磨耗で横浜ベイスターズの監督よろしくつるつるである。

デスペラード持田の場末ブログ

イタリア各地の観光スポットで出没する聖人のかっこうをした人。高下駄?シークレットブーツを履いておりアンドレ・ザ・ジャイアントくらい
の身長であろう。写真を撮ったりするのは自由。お金を出せば、聖人が持つ本のようなものに記名できる。いくらかは不明。顔面は白塗り、もしくは金箔塗りとバカ殿、グレートムタ状態。

デスペラード持田の場末ブログ

コロッセオによく似た古代ローマの円形闘技場のアレーナ。大きさはローマのコロッセオの3分の2だが、座席のほとんどが残っているなど、イタリアで最も保存状態が良い。収容人数は2万2千人と地方の野球場クラス。毎年7~8月にはヴェローナ音楽祭として野外オペラの会場になります。演目の定番は蝶々婦人など。

イタリア旅行 ミラノ編

ミラノ スフォルツェスコ城 ヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガッレリーア スカーラ広場

$デスペラード持田の場末ブログ

スフォルツェスコ城。ミラノのルネサンス時代においての最大の城兼要塞。内部は博物館ですが撮影は禁止。ちなみにミランとはミラノの英語読み


$デスペラード持田の場末ブログ

中庭から撮影。音響など工夫されています。

デスペラード持田の場末ブログ

ミラノのドゥオモ。別名ミラノ大聖堂。常にどこかを工事中しているみたいでこの時は正面を工事。こういうとんがった建築様式をゴシック建築といいます。尖塔が135本、いちばん高いところにある金色のマリア像マドンニーナまで108.5メートル。1386年にミラノを統治していたジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの命により建設が開始され、500年後の1887年に完成。内部は両側にステンドグラスがはめられ、キリスト誕生のストーリーを見ることが出来る。

デスペラード持田の場末ブログ

スカーラ広場のイタリアが生んだ万能の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチとその弟子の像

デスペラード持田の場末ブログ

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガッレリーア(アーケード)。このあたりにプラダなどブランドショップが林立している。カフェとか品がよい店が多く、マクドナルドも風情があるつくりだ。

$デスペラード持田の場末ブログ

ドゥオモ前に広がるドゥオモ広場のヴィットリオ・エマヌエーレ2世騎馬像、周りにはヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガッレリア、今は美術館となった王宮、多くのブランドショップ、露店があって楽しい。勝手に腕にミサンガを巻いて金をとる輩、鳩にえさをあげてはとを集め写真をとって金をとるイタリアによくいる鳩野郎がよく出没するので注意されたし。
プロフィール

デスペラード持田

Author:デスペラード持田
名古屋グランパス、カズファンだが、サッカー実技は母校・惟信高校の練習試合用シャツの10番をウケ狙いで着せられたCF、OH。カズの代表復帰、Jリーグの改革案を日夜、中日スポーツに投書していた。サザエさん、Every Little Tihng持田香織を寵愛。愛知学院大学歴史学科卒。卒論は近衛文麿内閣について。カレー、ガイア、カンブリアも大好き IS01、IS05ユーザ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デスペラード持田の新・場末ドリーム
デスペラード持田の新・場末ドリームのランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア
名古屋市中川区
おいしいおすし


喜美東鮓
きみあずまずし










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR