fc2ブログ

見せてもらおうか!恋人にしたい歌手ランキング常連の実力とやらを!

人気ユニット、Every Little thingには傷ついた恋愛関係を歌った01年発売のfragileというヒット曲があるが、歌っている持田香織の喉が数年後、フラジール=壊れ物になるとは誰が予想できただろう。

喉に負担をかけない新しい歌い方は何割かの古参のファンを遠ざけ、ELT、持田は終わったとよく言われる。

しかし先日、名古屋でのライブで元気に歌う姿を観た私は喉の回復を祈りつつ、持田が好きな漫画スラムダンクの言葉を使って反論したい。

「もっちーの全盛期はいつだ?fragileの時か?持田はな、持田は今なんだよ!」


1/30の23:30頃、中日スポーツわいわい広場へ送信


御覧の通り、私は1/30(土)、熱田区の国際会議場(センチュリーホール)にEvery Little Thingのコンサートに行った。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

チケットゲッターが買ったチケットがオークションでうまくさばけず、空席がぽつぽつ出るのではと心配したが一階席を見た限りではほぼ満席だった。

観客の外見はごく普通の人ばかり。

もしかしたら一番の変わりものは自分では?と思ってしまうくらい。

もっちーと同年代(つまり私と同年代)や大学生くらいのカップルが多く、それについで高校生グループ、もっちーのお父さんお母さん世代の夫婦と思しき人や中年男性の集団もかなり見られた。

矢沢永吉のライブなんかだとなんちゃって永ちゃんがたくさんいるし、ビジュアル系のライブではバンドの世界観を表したような衣装を着た女の子がたくさんいるわけで、なんちゃってもっちーの出現を期待した。

ゼロだった。

髪型を真似している人さえ運が悪かったのかみなかったし、もっちーが最近愛用しているブランド、トーガと思しき服を着ている人もみなかった。唯一私の隣にいた男性がもっちーがかつて愛用したAPEのカットソーを着ていたくらいか・・・。


ファッションリーダーであるはずのにこれは意外。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


ライブの中身。

アルバムの発売時期と重なってないためか新しい曲は少なめで昔のヒット曲、有名な曲を惜しみなく歌っていたベストアルバムのような構成だった。

time goes by
fragile
over and over
face the change
someday someplace
shape of love
ブレイク前のfeel my heart、future world。

歌わなかったヒット曲はほとんどないはず。歌わなかったヒット曲はfor the momentくらい?

プロレスで言うならアントニオ猪木がアリキック、延髄斬り、卍固め、ボウ アンド ロウ、ナックルパート、コブラツイスト、チョークスリーパーを休みなく繰り出したようなものだろうか。

声の方はfragileあたりは無理をしている印象でかなり不調と見られた。

しかしながら歌い方を変える前のヒット曲の一つ、over and overを今の歌い方でそれほど違和感なく歌いあげていたのは特筆に値する。

ライブに参加している人間としてはもっちーが

「アホになる気あんのかー!」
「愛を歌い気があるのかーなごやー!」

と煽ったあと、昔から思い入れがあるDear my friendなどのヒット曲が次から次に来れば血潮が沸き立つというもの。

もっちーといえば昔はよく恋人にしたい歌手のランキング上位の常連だった。

それはかわいいし、明るいキャラがうけていたのだろう。

一階席の最後尾で照明と演出の関係でもっちーの顔はあまりおがめなかったのは残念無念だが楽しいキャラクターとか歌うのが本当に好きだということはよく伝わり、ますますもっちーが好きになった。

ライブでの発見をまとめよう

・もっちーは袖つきのシャツを着ているときは160cmには見えず155cmくらいの華奢な女性に見えるが、ノースリーブになると筋肉質の肩、二の腕が見え大きく見える

・もっちーがやたらとキックするアクションをみせるので前方の席の人間はパンツみえるだろうとか思っていたらスパッツを履いた

・もっちーの地声が異様に低い

・いっくんこと伊藤一朗氏の人気が思いのほかすごい


というわけであなたもぜひ一度ELTライブに行ってみませんか?
スポンサーサイト



今は中田亮二をブーちゃんと呼ぶしかないのか

去る28日、私は中日ドラゴンズの関連会社でもある中日スポーツへ中日ドラゴンズの中田亮二内野手が太りすぎで、「ブーちゃん」ともてはやさず痩せさせろという投書を送った。

送った内容は以下のリンク
http://ameblo.jp/allez10/entry-10445129231.html

$デスペラード持田の場末ドリーム 


若干表現がマイルドになったが今日の中日スポーツに掲載された。

実を言うと香川が甲子園で活躍したのも、プロ野球で活躍したのも1970年代後半から1980年代前半のことでよく知らない。

ブーマーと落合がハイレベルの三冠王争いをしようとパリーグの試合がほとんど放送されなかった1980年代半ばから後半でも香川はテレビでたまにネタにされていたので知っている。

ある意味ダルビッシュや新庄よりすごかったのではと今でも思う。

香川と言えば今は照之だが、昔は違った

中日のルーキー中田亮二は身長171センチ115キロという肥満体であるゆえブーちゃんと呼ばれているが、この愛称はやめるべきだ。

私には彼と野球漫画ドカベンの主人公のような巨漢でドカベン香川と呼ばれ、スラッガーとして期待されたが減量の失敗で大成できなかった香川伸行氏とイメージが重なる。その香川氏さえプロ入り時は90キロ強。身長がほぼ同じ香川氏より20キロ以上重い中田の体重はあまりに異常だ。

すでに肥満体ゆえの持久力のなさを露呈している中田。

本当のファンならブーちゃんともてはやさず、やせさせる方へ声援のベクトルを向けよ。



本日 22:30頃、中日スポーツわいわい広場へ投書。

中日ドラゴンズの大本営というべき中日スポーツへ身内の批判。

こんなネタがさてさて載るでしょうか?

「やせさせる方へ声援のベクトルを向けよ」って表現を我ながらよく思いついたと思う。

載るとしたら1/29~1/31くらいだ。

どうせ優勝するのはわかっているのに感動

鶴舞の名古屋市公会堂で行われたクリント・イーストウッド監督の映画「インビクタス~負けざる者たち」の試写会に行ってきた。

人種差別政策のアパルトヘイトが廃止された後の南アフリカ共和国がラグビーのワールドカップで初優勝するまでの過程を描いた作品。

事実を元にした作品でしかもパンフレットやプロモーションで優勝すると思いっきり言っているので言ってもかまわないと思う。


とどうせ優勝する話でタイタニック同様先が見えている展開なのだが、そこへ行くまでの過程、南アラグビー代表主将のフランソワ・ピーナー(演:マット・デイモン)および南アの黒人初の大統領マンデラ(演:モーガン・フリーマン)のリーダーシップがあまりにもすばらしくて感動する。

肉弾戦士に変身したマット・デイモンをはじめとするラグビー選手役の俳優の身体の鍛え方もいいし、ラグビーのプレイシーンもラグビーをあまり知らない者としては本物の国際試合に見えるくらい迫力があった。

ぜひとも多くの人に見ていただきたい映画だ。

ゴールデンスランバー試写会 カズとか三浦が出てきてびっくりだ

栄の外れのテレピアホールで堺雅人主演のゴールデンスランバーをみてきた。

いわゆる多目的ホールで飲食は禁止、イスは普通の背もたれつきの木製のイスでなかなか辛いものがあった。

一言でいえば首相暗殺犯人と誤認された堺雅人演じる青柳雅春の逃亡劇。

香川照之、貫地谷しほり、伊東四朗といった脇役ががんばっていたと思う。

香川照之。

ドラゴンボールの実写版でなぜフリーザ役に選ばれなかったのか不思議に思うくらいの極悪ぶり。これだけで1800円の価値があると思う。

加えて、映画の終わり方も新しさを感じる。

さてタイトルのカズと三浦だが、カズは主人公の友達、劇団ひとり演じる小野一夫のあだながカズで三浦は重要人物の本当の苗字。

原作者の伊坂幸太郎は三浦知良のファンなのだろうか。

ゴールデンスランバー同行者募集 インビクタスがまた当たった

モーガン・フリーマンとマット・デイモンが出演する映画「インビクタス」の試写会がまた当たった。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

$デスペラード持田の場末ドリーム 

しかも堺雅人、竹内結子出演のゴールデンスランバーの券もゲット。


$デスペラード持田の場末ドリーム 


これで手持ちの試写会の券は

1/25(月) インビクタス       鶴舞の愛知県勤労会館
      ゴールデンランバー    栄のテレピアホール

1/27(水) インビクタス       鶴舞の名古屋市公会堂


インビクタスかゴールデンランバーかで迷っていたので両方みられそうでラッキー。

1/25(月)にゴールデンスランバー
1/27(水)にインビクタスというわけである。

困ったことに1/27の同行者は決まっているが、1/25のゴールデンスランバーはまだ。

ということで同行者募集である。

私の本名を知っている間柄の方、同行してもいいよというならメールやメッセージをください。

キン肉マンファンで美濃輪育久が嫌いな人はいない

ブログ等でいつも書いているように日本一いや世界最高のキン肉マンファンはプロレスラーの美濃輪育久(別名・ミノワマン)である。


とにかくキン肉マンが好きな美濃輪さん。

子どもの頃ぜんそく持ちで身体が弱かった美濃輪さんはキン肉マンをみて自分もキン肉マンのような超人になりたい、プロレスラーになりたいと思い、実際レスラーになった。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


1976~1979年生まれのいわゆる黄金世代といわれる日本のサッカー選手がキャプテン翼をみてサッカーをはじめたように。

世間であまり語られない王位争奪編にも詳しいキン肉マン熟読者の彼はインタビューで突然、キン肉マンの話をするだけにとどまらず、ある時リングネームを超人になりたいと

「ミノワマン」

に変更してしまった。

もっと超人らしい名前にしたらと思われるかもしれないが、

キン肉マン 本名 キン肉スグル
ミノワマン  本名 美濃輪育久

だからこれ以上キン肉マンっぽいリングネームはないだろう。

彼ほどのキン肉マンマニアなら17日のロビンマスク役の声優・郷里大輔さんの突然の死はつらかったと思う。

彼には郷里さんのためにもキン肉マンやロビンに負けないようなファイトをリングでみせてほしい。

私も追悼の投書をしてみた。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


以下が原文

80年代の人気アニメ「キン肉マン」の準主役級のキャラクター、ロビンマスクの声優、郷里大輔さんが今月17日、この世を去った。

常にクールだが時に友情のために熱く戦うロビンマスクは当時小学生だった我々のあこがれで、もうあの渋い声が聞けないと思うとさみしい。

また郷里さんは敵役の悪魔超人「アシュラマン」の声も担当。多くの人がロビンマスクとアシュラマンが交互にしゃべるシーンでも同じ人が演じているとは気がつかなかったくらい声を使い分けていた郷里さんはまさに実力派声優で本当に貴重な存在だった。

突然のことで驚きましたが、ご冥福をお祈りします。

インビクタスの試写会が当たった!

今年、サッカーのワールドカップが行われる南アフリカ共和国にはかつて白人と黒人の居住区を分けることなどがきめられた人種差別政策「アパルトヘイト」があった。

廃止されたのは1991年。

私が中学生になるまで続いたわけである。

今日、抽選の結果当選した映画「インビクタス~負けざる者たち」も南アフリカの話。

南アフリカ共和国の黒人初の大統領ネルソン・マンデラと同国代表ラグビーチームの白人キャプテンがワールドカップ制覇へ向け奮闘する話という。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

アパルトヘイトや治安が最悪と言われるヨハネスブルクにまつわる数々の情報など南アフリカにはいい印象がほとんどない。南アフリカの真実を知る意味でも楽しみな映画だ。


問題は同行者。

職場でも声をかけるつもりでいるが、月曜日、鶴舞に18:00~18:30に集まらなければいけない条件はやや厳しいかもしれない。

私は通勤手段を電車に切り替え、早めに出勤するなどでなんとか間に合うよう対応できるが、他の人が早朝に出社してまで仕事を終わらせるかどうかというところ。

こういう時、ナースとかシフト制の職場で働く人で月曜ちょうど休みの人とかいないものかと…。

席が先着っぽいので場所取りとかやってほしいし…。

というわけで同行してもいいですよって人はメール、メッセージ下さい。

ロビンマスクとアシュラマンが同じ人と気付いたのはいつ?

残念なニュースが入ってきた。

キン肉マンの主要なキャラクターの一人ロビンマスクの声を担当した郷里大輔さんが遺書を残してこの世を旅立った。

若い人にはドラゴンンボールのミスターサタン、牛魔王、ウミガメ、閻魔大王の声といったほうがわかると思うが私にとってはロビンの声の人だ。

郷里大輔さんはキン肉マンの中でロビンマスクの他に悪魔超人「アシュラマン」を演じていることをご存じだろうか?

http://www.youtube.com/watch?v=byB7Z0oeB2M


声を完璧に使い分けており、ロビンマスクとアシュラマンが交互にしゃべっていても私は同じ人が演じているとは気付かなかったほどだ。よく覚えてないが30歳近くになってネットの掲示板で教わってはじめて知ったと思う。

キン肉マンといえば我々30代にとってはバイブルに近い漫画、アニメである。

友情があればどんな相手にも負けない。

強引な設定の連続であったが、友情を大切にした話は大人になった今も受け入れられる。

本当に思い入れの強い漫画だ。

多くの格闘漫画で最初の方に出てきたキャラクターは後発の強いキャラの個性に負けてしまうのだが、ロビンマスクは初期から物語終了まで強くて大事な役割をする超人だった。

ロビンの扱い、人気などは主人公のキン肉マンを凌駕するほど。

だから今日、ロビンマスク役の人がなくなったニュースは我々の世代にはショッキングだと思う。

ご冥福お祈りします。

メニューの写真はマグカップなのに紙コップで出てきた

昨日の新年会の帰り、名古屋駅で下車し、酔い覚ましの珈琲を楽しんだ。

寄った場所はサンマルクカフェ。

http://www.saint-marc-hd.com/cafe/

ジャンル的にはヴィ・ド・フランスと同じベーカリーカフェになる店舗だろうか。

手軽につまめるパンやお菓子が充実していて、もちろん分煙で、何より店内の照明が落ち着くものでよかった。

珈琲も一番シンプルなブラックSなら190円だ。

マクドナルドのプレミアムローストという珈琲の次くらいの安さだろうか。

非常にリーズナブルなのだが、気に入らなかったのは狭い店舗のためかメニューの写真ではマグカップが使われているのに紙コップでの提供だったこと。

メニューの写真さえなければ値段が安いだけにそれほど不満を感じることなく、紙コップを受け入れることができたはずなのだが落胆。

調べたところ、頼めばマグで出るというが言い辛い雰囲気である。

EDY、quic payといった電子マネーでの支払いもでき、また使いたい店なのであのメニューの写真は残念に思う。

近くにハーゲンダッツの店舗もあり、そこでも珈琲が飲めるのだがメニューの写真、実物ともに紙コップだった。

珈琲は300円だったと思う。

消費者としては見本と実物なるべく同じものにしていただきたいものだ。

飽食の時代 新年会で大量の残飯

私のオフィスがあるビルは場末というか名古屋の空白地というべきところにある。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

ほとんど無人駅のような各駅停車しかとまらない駅から歩いて15分のところにある。

そこで遠方からの招待客を含めた100人弱で新年会を行ったのだが、大量の食べ残しが出た。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

デスペラード持田の場末ドリーム 

デスペラード持田の場末ドリーム 

この画像のほかにもまだまだ食べ残しが…。


高齢化が進む私の会社で揚げ物ばかりのオードブルはやはりまずかったのであろう。

それ以上に飲み物がソフトドリンクはまともとして、アルコールがお歳暮をばらした缶ビール(途中から発泡酒に切り替わる)とパックの大関などだったのもテンションが下がった大きな要因だったと思う。


既述のように最寄りの駅から遠いため、飲める人も車で来てアルコールを飲まずに帰っていった。

ビンゴ大会の上位者がもらえる景品にしたって、総務に届いたお歳暮で焼のりや珈琲の詰め合わせだ。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

余所の会社ではボウリング大会でiPodをもらったとか、忘年会のゲームでNintendo DSをもらったとか聞くのだが私の会社では未来永劫なさそうである。

すっぽん鍋やカワハギ鍋、ふぐちりは無理として、こんなに残飯を出すくらいならThe鍋グループの一番安い鍋料理にでもすればよかったのにと思う。

栄やエキマエならみんなアクセスもしやすいし、飲んで帰れるし

サザエさんの新春特番に文句があるから中日新聞に投書する

去る10日に国民的アニメ『サザエさん』の新春の拡大版が放送された。ドタバタ劇のように描かれた放送初期の懐かしい映像の蔵出しもあり、古いものでありながら新鮮に感じ、大いに楽しめた。加えて懐かしい映像の他に放送された新作の話もいつもより一話一話の時間が短いショートショートというべきスタイルの作品も含め、大いに堪能した。

残念なのは特番のためかサザエさんの本編ではいつも使われないCGが使われ、絵柄がキラキラして普段のセル画のサザエさんとは異質に見えたこと。特に三河屋の三郎(サブちゃん)の絵のタッチに違和感を覚えずにいられなかった。コストがかさむことに加え、セル画のノイズを拾いやすいデジタル放送への移行もあり、セル画でのアニメ制作は厳しいと聞くが、やはりサザエさんは柔和なタッチのセル画で制作し続けてほしい。

もののけ+イッパツマン=アバター

この冬、2012、カールじいさんを抑えて一番話題になっている映画、アバターをTOHOシネマズで観てきた。

TOHOシネマズは今、キャンペーン中で下一桁が1ないし4のお年玉付き年賀状を持参すると映画が1000円で観られる。

今日観たアバターは3D映画なのでプラス300円で1300円ではあるがかなりお得なキャンペーンだろう。

3D映画。

私の年代だと子どもの頃、すでに体験している人もいるだろう。

青、赤のカラーセロハンが貼られた紙製の3Dメガネを渡されたオバケのQ太郎の映画を今から20年以上前の1986年に私は観た。

上映前のテレビCMや特番でめちゃくちゃ煽っていたこともあり、相当期待して観たが、飛び出すことは飛び出すが赤、青のセロハン越しにQ太郎たちを観るので本来白いボディのQ太郎に色がつき、違和感を覚えずにいられなかった。

同時上演のドラえもん「のび太と鉄人兵団」が神がかりなくらい面白かったので、3本立ての残りの1本のプロゴルファー猿の作品とともに前座というかおまけの扱いである。

観終わった後、映画館の外でメガネかけてふざけっこの方が楽しかったのだ。

さて今日のアバターでは以下のようなメガネがレンタルされた。
(他のサイトより転載)

http://stat001.ameba.jp/user_images/20090826/23/pesuca/31/b6/j/o0320024010241204264.jpg

Q太郎の時みたいな安っぽくもなければ、赤、青の色もつけられてない。
感覚的にはピーコや職業ドライバーがかけてそうな色の薄いサングラスといったところだろうか。

これでけっこう飛び出すから不思議なものだ。

ただ字幕まで飛び出すのは邪魔な気がする。

他の人も語っているが、字幕が邪魔なので吹き替えも検討してみたらいかがだろうか。

全体的な雰囲気はもののけ姫に似ている気がした。もののけに似た雰囲気ということは他のサイトでも指摘しているが、私はもののけに逆転イッパツマンの要素もあると主張したい。

あの作品のどこがタイムバカンっぽいのかといいたくなる人が観えると思うが、私はそう感じたので仕方がないのである。

少し寝てしまったのはご愛敬。

終盤に入るまでは人間の視点とアバターでの視点がテンポよく切り替わっていて楽しかったのに、終盤はほとんど固定されてだれてしまうのと、戦闘シーンが長すぎることが寝た原因かと思う。

なかなかの作品だが、正規の値段、1800円プラス3Dの特別料金300円の2100円では高い映画というのが私の感想。

CGのサザエさんなど回転寿司や1000円カットみたいなもの

先週、休みだったサザエさんの放送。

今日は新春福袋スペシャルで90分の拡大版だった。

・前半は小噺連発のショート・ショート(新作)
・次に初期のサザエさん(私はマスオの声優が近石真介の頃などはアーリーサザエと呼んでいる)、伊佐坂家が 引っ越してきた時の話などの再放送
・新作のポニーが磯野家に迷いこんできた話

という構成だった。

~~~デスという丁寧語ではない時代のフグ田タラオの生意気さには妙な興奮を覚え、またおカルの絵が全然違う旧伊佐坂家、浜が去った後、伊佐坂が越してきた時のエピソードも興味深いもので今日の放送は価値があった。

しかしながら新作にCGが使われていたのはいただけない。

七福神が放つ後光は許せるとして、CG導入のためか三河屋の三郎の絵のタッチがかなり変わってしまったのが受け入れ難い。

サザエさんは今、定期的に放送されているアニメでは唯一CGではなく、セル画で制作されている作品として有名だ。

ついにセル画をやめてしまったのだろうか…。

絵に安さ、コストカットの匂いがしてたまらない。


セル画職人を確保していくことは大変だと思う。

しかしながらこんな回転寿司や1000円カットのようなアニメでは駄目だ!

井上陽水の「断絶」のレビュー

史上最高のデビューアルバムは何か!と聞かれたら私は迷わず陽水の「断絶」と答える。とにかくこのアルバムには無駄な曲、駄曲がない。

断絶

 傘がない  世の中クリスタルキングの大都会など一度聴いたら忘れない曲がある。傘がないもそんな曲に一つだろう。重々しいイントロがあって、♪都会では自殺する若者が増えている♪という衝撃的な歌い出し。仕事や勉強をしている時、有線からこの曲が流れてきたら思わず手をとめてしまうだろう。

場末の飲み会が無期限延期

前回、当日いきなり中止と聞かされた会社の岡田氏(仮名)主催の場末の焼肉屋における飲み会。

日程が12/28から1/9へ変わることになっていた。

既述のように私は普段マイカー通勤である。

時間に正確な電車で通勤したいところだが、各駅停車しか止まらない電車の駅が最寄りの駅でしかも会社まで歩いて15分近くかかるので仕方がないのだ。

飲酒運転をしないよう電車に通勤すると地下鉄の始発に乗った上、どこの田舎かと思う二両編成のダサイ電車を乗らなければいけないグレートジャーニー。

始発にのらないと業務に支障が出るのだ。


面倒なことこの上ない「場末の飲み会シフト」。だから当日いきなり飲み会が中止と聞かされた日はクリリンを殺された時の孫悟空くらい怒りがこみあげる。

私は1/9(土)が飲み会とはっきり記憶していたが、今日帰り際ふと思い、飲み会のメンバーに本当に開催されるか尋ねると


「中止だよ。おまえ聞いてなかった?」


である。


私の携帯電話の番号もメールアドレスも知っている幹事の岡田氏。

業務の合間を縫うようにスポーツ新聞を読んでいる彼がそんなに多忙とはとても思えないのだが、なぜ連絡ができないのか?

461 Ocean Boulevardのレビュー

あの名曲「Layla」をデレク・アンド・ザ・ドミノスで作ったクラプトン。しかし、しばらくして隠遁生活に入ります。理由は薬物&アルコール中毒。

 15歳くらいから薬物&アルコールを愛していた彼だが、デュアン・オールマン、ジミ・ヘンドリックスといった親友の死、親友ジョージ・ハリスンの妻、パティとの許されない愛に悩んだりして、精神的にボロボロになり、薬や酒の量が増えて、ついに廃人同然になってしまったのである。

狂気狂乱 ギター100本以上破壊

 モノの本によれば、死んでもおかしくなかった彼だが、奇跡的にカムバック!カムバックのコンサートがレインボーコンサートであり、アルバムがこのオーシャンブールバードである。

 さて内容だが、音楽史に残るものとなっている。

レゲエが全般に渡って使われていることが、新しい!

 ビートルズが1968年にレゲエのリズムを取り入れたOB‐LA‐DI,OB‐LA‐DA(ポール作・最近でも日本のホンダのミニバン・ステップワゴンのCMに使われるなど人気作)を発表し、レゲエというものは少しは知れ渡ったが、依然マイナーな存在だった。レゲエ発祥地・ジャマイカがアメリカのマイアミからそう離れていないのにもかかわらず。 
 そんなマイナーだったレゲエを世界中に広めたのが、
I shot the sheriffのヒットだった。エレキギターで小刻みよく、奏でる独特なリズム。なんともお洒落な曲で、シングルカットされたこの曲は日本でもディスコ("くらぶ"とはちょっと違いまーす。)もガンガンかかっていたらしい。

 この曲は実はあのレゲエの神様ボブ・マーレィが作ったもので、クラプトンのオリジナルではない。今でこそ、故・ボブ・マーレィはレゲエの神様として崇められているが、クラプトンがI shot the sheriffのレコードを出す前は大衆は誰も彼を知らなかった。クラプトンがI shot the sheriffをヒットさせたことで、有名になったわけで、オーシャンブールヴァード(ブルーバードじゃない。日産の車じゃありません。)はボブ・マーレィ、あるいはレゲエを世界に知らしめたアルバムと言えよう。

 このアルバムでレゲエの素晴らしさに魅了されたクラプトンはそれ以降、たびたびレゲエのリズム、アレンジを使っていくことになる。フォークの神様、ボブ・ディランのヒット作、
Knock'in on heaven's door(天国の扉)
をレゲエ風にアレンジしたのがその最たるものだと私は思う。

Let it grow
このアルバムの人気を不動のものとするもう一つの要素である。このアルバムがリリースされる数年前のクリーム時代では考えられなかったようなリラックスしたバラードである。

 デレク・アンド・ザ・ドミノス時代のLaylaのような緊張感と焦燥感あふれる激しいロック・バラードもいいが、このようなゆったりした曲を作らせてもうまい!クラプトンはやはり天才、神様である。

親友・ジョージがシンセサイザーを使っていた影響か知らないが、この時代にしては珍しくシンセを使っていることにも注目したい。私個人としては、ライブでもしこの曲を聴くなら昔、桑田佳祐がラジオでやっていたように生ギター、シンセなしで演奏して欲しいなどと思っている次第である。

熱田区に金をもっと降らせ! 賽銭が小銭ばかりだ

今日の未明、名古屋市熱田区の著名な神社のイベント初えびすに参加した。

分かりやすく言えばお金をかき集めると言われるラッキーアイテム熊手をできるだけ早く買って、熱田神宮の敷地内にある上知我麻神社の威力を受けようというイベント。

一番高い熊手は10万円。

いくら世が不景気でもこれが一瞬で売れてしまうからすごい。

こんな高い熊手も1年後は威力が無くなるとされ、熱田区でBurning Bear Crawである。
お祓いをされた上で真っ白な灰になる。

3万、1万、5千円の安い熊手も有効期限1カ年。

筆舌に尽くしがたい凄いシステムである。

熊手の売れ行きはなかなかと思ったが、熱田神宮本宮の賽銭を投げいれるところを除くと小銭だらけ。

私が子どもの頃は初詣にしろ、初えびすにしろ、本宮の賽銭はけっこうお札があり、お年玉にしたいとかそんなことばかり考えたものだ。

さらによくみると賽銭の小銭の中身も10円や5円ばかり。

$デスペラード持田の場末ドリーム 


初えびすで商売繁盛を希うような中小企業、零細の社長たちがお札を次々に投げ入れなければ不況を脱したとは言い難いのである。

なお私は159円と2セントユーロ 熱田の杜に落とした。

最強のパニック映画は日本沈没('73)と再認識した

正月、会社は休みだったが、家族の仕事を手伝っていた。

今日は休みがとれたので仕事はじめの前に映画を観てきた。

観た映画は2012。

2012年世界終末説に基づいて作られたアバター、カールじいさんの空飛ぶ家の次にあげられるくらいの冬休み映画。

アルマゲドンばりの展開を予想していたが、裏切らなかった。


この映画が楽しめる人はアルマゲドンを楽しめるだろうし、アルマゲドンを心から面白いと感じた人はこの映画もたのしめるはずである。

展開が簡単に読めるということでディカプリオが主演を務めたタイタニックのような間口の広い作品と思う。難しい用語も出てくるが、作中のチャーリーによる紙芝居のようなweb サイトのシーンをみれば、終末へのメカニズムというか仕組みもよくわかり、親切。

ジャンル的にはこれはSFというよりヒューマンドラマじみたパニックムービーであろう。


私が考えるパニックムービーの最高峰はタイトルにもあげたように1973年に藤岡弘主演で作られた日本沈没である。


中盤から終盤にかけてのメッセージ性があまりにも強烈だからだ。


地殻変動で日本が沈むという居酒屋の酔っ払いあるいは中学生が考えたような設定だが、みたら奥の深さに唸ること間違いないだろう。

残念ながら2012は日本沈没を超える作品ではなかった。

はっきり断言できるのだ。

三が日にもサザエさんを放送するべき

今日は10時ころに起きて、朝昼兼用の食事とばかりにホワイトソースのスパゲッティを作った。

思いのほか大量になってしまって、少しずつつまんで昼3時くらいにやっと全部食べることができた。

$デスペラード持田の場末ドリーム 

バター30g
牛乳だいたい600cc
たまねぎ半分
ツナ缶のミニ半分くらい
スパゲッティ250gくらい

ヨーロッパ諸国で肥満が多いのもわかる気がした。

牛乳とバターでどれだけカロリーがあるのだろうかと。


今日は実は日曜日である。

それゆえ本来ならサザエさんの放送があるはずなのだがなかった。

正月なんてラララ…と思う瞬間でもある。

三が日にサザエさんを放送することは普段仕事でサザエさんが見られない飲食店や美容院の店員に日本にサザエさんありとアピールするチャンスではないのかと思う。
下手な特番より視聴率はとれるだろうし。

しかしながら次の週のサザエさんはスペシャルで明日のカンブリア宮殿もあさってのガイアの夜明けもスペシャルだ。

ワクワクする日が続くではないか!

エリック・クラプトンのUnpluggedのレビュー

2000年頃の書いたレビューの転載です

Unplugged・アンプラグドとは文字通りギターなどをアンプに繋げない、アコースティックの~って言う意味で、MTVと言うアメリカの有名な音楽番組ではかつてアンプラグドコーナーがあった。 そのコーナーには、いろんな有名人が参加(ボブ・ディラン、ニルヴァナ、キッスなど)し、~~さんのunpluggedと言う形でたくさんアルバムも出ています。

 クラプトンも92年にMTVのアンプラグドコーナーに出演し、アルバムを出し、めちゃくちゃ売れ、グラミー賞を6部門獲得。

Unplugged でクラプトンはエレキで激しく奏でていたロック・バラード「Layla」(いとしのレイラ)をアコースティックギターで、なんじゃこりゃ~ってくらい別モノに生まれ変わらせて世界中の音楽ファンを驚かせました。
 また転落事故で亡くした息子コナーの鎮魂歌

 Tears in heavenは私を含め、世界中の人の涙を誘いました。

 私が始めて聴いたクラプトンのCDは昨年(99年)リリースされたベスト・オブ・エリック・クラプトンでその4曲目にも収録されていますが、これはいわゆるシングルバージョンで、やはりおすすめはアルバムunpluggedの4曲目に収録されている方です。(両方ともアコースティックであるには違いないが、アンプラグド・バージョンの方が感情的なプレイで泣けてくるのよ、ホント)

 クラプトンのアンプラグドのヒットで世界中にアコースティックブームが訪れたってのも押さえておきたい知識です。

謹賀新年 14:00からはNHKで天皇杯決勝を見よう

もうすでにほかの手段で挨拶済みの方もみえると思うがあけましておめでとうございます。


紅白のサプライズはどうせ矢沢永吉
http://ameblo.jp/allez10/entry-10422818676.html

の通り、紅白のサプライズが予想通り矢沢永吉でサプライズでもなんでもなく、むしろ雪が少ない名古屋で大みそかから元旦にかけてうっすらだが雪が積もったことの方がサプライズであった。

デスペラード持田の場末ドリーム 

年越しはテレビを見ながらツイッターをやっていた地味さはなんとかならんものかと思う。

デスペラード持田の場末ドリーム 

年越し風呂ではないが、年越しのためにいつもは違う風呂と入れた入浴剤「杉本彩の熟肌(うれはだ)」の甘い匂いにはかなりやられた。色も茶色で異様だ。実を言うとぬるぬるした感触が癖になりそうでなかなかいいのだが、チョコレートの匂いに慣れるまで時間がかかる。

悪いものではないのでぜひ皆さんも試していただきたい。

あとタイトルに書いたように今日は名古屋グランパスが国立競技場でガンバ大阪と天皇杯決勝を行うので14:00からNHKで観戦してください。

怪我人が多かった名古屋も楢崎、三都主と言った天皇杯で実績をあげている選手も含め増川以外全員出られる感じでリーグ戦9位に終わったといっても十分ガンバと渡り合えると思う。

一方、ガンバはまず監督がアトランタオリンピックの対ブラジル戦で日本を勝利に導いた西野朗氏という名将であり、また遠藤や明神といった長年日本代表を務め世界を知る選手がたくさんいる。

ポイントはキーパーではないかと思う。

ガンバがいつものように松代というJ1の上位チームにふさわしくないキーパーを起用してくれば、勝てると思う。松代は名古屋戦で過去に何回も致命的なミスをしており、変な表現だが期待している。

名古屋は怪我を完治した楢崎。横浜フリューゲルス時代は絶対負けることが許されない天皇杯で優勝した経験もあり、今日も神がかったセーブをみせてくれるだろう。
プロフィール

デスペラード持田

Author:デスペラード持田
名古屋グランパス、カズファンだが、サッカー実技は母校・惟信高校の練習試合用シャツの10番をウケ狙いで着せられたCF、OH。カズの代表復帰、Jリーグの改革案を日夜、中日スポーツに投書していた。サザエさん、Every Little Tihng持田香織を寵愛。愛知学院大学歴史学科卒。卒論は近衛文麿内閣について。カレー、ガイア、カンブリアも大好き IS01、IS05ユーザ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デスペラード持田の新・場末ドリーム
デスペラード持田の新・場末ドリームのランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア
名古屋市中川区
おいしいおすし


喜美東鮓
きみあずまずし










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR