fc2ブログ

サッカーマンガのジャイアントキリングがカレー食べて放送終了には驚いた

ジャンルをサッカーにしようかテレビにしようか迷う部分があるがカレーにした。

昨日、サッカーファンの多くからすごくリアルと大好評のサッカーアニメ「GIANT KILLING」(通称・ジャイキリ)の放送が終了した。

GIANT KILLING(1) (モーニングKC)/ツジトモ

¥570
Amazon.co.jp

このアニメはかなりの出来具合で最初NHKのBSで放送されていたものが好評で去年から地上波NHK教育で再放送されていた。

またアディダスから主人公たちが所属する架空のクラブETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)のユニフォームが実際に発売されたことからもこの作品の人気が計りしれよう。

http://natalie.mu/comic/gallery/show/news_id/43751/image_id/64401


ユニークな発想を持った若い監督がダメチームETUを緻密な作戦で強豪チーム相手に番狂わせ(ジャイアントキリング)を起こして勝つという痛快でわかりやすい話の流れも楽しいのだが、ジャイキリは選手の描き方がとにかくリアルだった。


キャプテン翼のアニメを思い出していただければわかると思うが、選手が走る時腕を横に振る描き方をする従来のアニメの手法と違って、ジャイキリでは手を縦に振る現実的な走り方で描かれていた。

選手一人一人スパイクのデザインが違っていたり、ナイトゲームでは選手が照明でぽわーんとした色彩で描かれたり、極めつけは外国人の選手、監督には、一人につき日本人声優とそのキャラクターと母語を同じくする声優の二人を当てており、キャラクラーの母語と日本語字幕あるいは日本語とキャラクターの母語の両方が同時に話されることもある。

例えばブラジル人の選手の独り言のシーンでは日本語とポルトガル語が同時通訳のように同時に話されていた。


現実のサッカーでも応用できそうな主人公達海の緻密な作戦、クラブの運営側、サポーター、マスコミなど従来のサッカーマンガがあまり描かなかったような部分までしっかり描かれているのはサッカーファンも納得の内容である。

原作の漫画はまだ連載中だが、アニメのNHK教育での放送は昨日終了した。

終わり方がなかなか衝撃的で激戦が終わり、次のステップへと行く前に主人公の達海猛監督(タッツミー)が選手たちにカレーは好きか?と問い、選手が好きだというとカレーパーティを行うとクラブ関係者を集めてカレーを作りだし、最後は地元の人たちとともにカレーを食べて大団円。


サッカーマンガなのにカレーを食べて終わりとはすごい終わらせ方とびっくりしてしまった。

ちなみに食べたカレーはチキンカレー。

選手の体調管理を考えてのこと。

チキンシークカバブカレー 単品(250g)タンドールで焼いたシークカバブをカレーの中にダイナミ...

¥1,200
楽天

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■Gamer

こんにちは。 オートマウスです。

この問題を上司と相談して見ましたがやはり先にお客様が当社に製品を送った内容の確認が必要なようです。 それが難しいならばお客様の要請のとおり返済をするのも可能です。
ただし返済する時には当社の場合paygateという会社を通じて金融取り引きをしているので返済時に手数料が800円程度費用がかかります。

この金額を引いた金額1,000円を返済することになるのですが大丈夫なのか知りたいです。 返事お待ちしております。
プロフィール

デスペラード持田

Author:デスペラード持田
名古屋グランパス、カズファンだが、サッカー実技は母校・惟信高校の練習試合用シャツの10番をウケ狙いで着せられたCF、OH。カズの代表復帰、Jリーグの改革案を日夜、中日スポーツに投書していた。サザエさん、Every Little Tihng持田香織を寵愛。愛知学院大学歴史学科卒。卒論は近衛文麿内閣について。カレー、ガイア、カンブリアも大好き IS01、IS05ユーザ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デスペラード持田の新・場末ドリーム
デスペラード持田の新・場末ドリームのランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア
名古屋市中川区
おいしいおすし


喜美東鮓
きみあずまずし










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR