fc2ブログ

アン・ジョンファンと久保をはじめてみた

名古屋グランパスエイト(通称・名古屋グラ ンパス)のホームスタジアム、瑞穂競技場。台風が近づき、試合開始の1時間前に行けばいい席を確保できると思っていたが甘かった。夏休み最後、ファーストステージ王者横浜Fマリノスが相手ではそういう甘えは許されなかった。5時半ころスタジアムに行くともう人がごった返していた。車も瑞穂敷地内の駐車場には停められない。路上駐車すれば瑞穂警察に切符を切られる。そこでユニー新瑞橋の有料駐車場まで移動してようやく停められた次第だった。停めるのに10分、帰りに車を駐車場から出すのに30分近く掛かった。ユニー側はサッカーの観客の駐車お断りと謳っているし、あまりいいものではないだろう。時間ギリギリに行く人は地下鉄の利用をぜひおすすめする。と書いてみたが、パーキングのエレベーターにはグランパスのゲームシャツを来た人で賑わっていた。

  この日は夏休み企画で瑞穂をグランパスレッドに染めようということで赤と黄色、ロッソ・ジアッロのバンダナが2万人(観衆15000人だから余ったわけであるが)に配布された。バンダナというと長渕剛、黒ヒゲ危機一発のように頭に巻くスタイルを私は一番に考えるのだが、巻いている人は少なかった。むしろビニール梱包をはずさない人のほうが多かったかもしれない。新聞等でバンダナ配布を知り、瑞穂が長渕だらけになるのを楽しみにしていたのだが、そうならなくて大変残念に思った。ヨーソロー!!まあ、お気に入りの秋田選手がスタメンだったのでよしとしよう。


 試合は序盤、Fマリノスペースで動く。キャバクラで暴れる事件を起こしキャバクラ組と揶揄される日本代表・久保が前半早々13分グランパスDF秋田の転倒を誘うフェイントをかけ、豪快に左足でゴールを決めた。安貞桓のゴールを貪欲に狙う速いポジショニングもすばらしかった。不公平なレフリングで2002年W杯での韓国のベスト4は何かといわくつきだが、安は本物であった。騒ぐだけのことがあると思った。無理矢理作った韓国ブームだが、安は本物だ。DFには中盤やFWにうまくボールをつないでいくバンテリン中澤、2002W杯の主力の松田、中盤にはアテネ五輪代表・那須、日本代表経験のある奥、サブにはアテネにオーバーエイジで参加した韓国の柳が控えていた。まさにタレント軍団。三季連続チャンピオンの常勝軍団だ。

 ため息をつくメインスタンドだが、数分後マルケスがダイレクトシュートを決め、同点に追いついた。Fマリノスの攻撃は激しい攻撃は続くが、後半早々Fマリノス久保が熱くなっていたのか2枚目のイエローカードを貰い退場。1人少ないFマリノスは中澤、松田らで厳しいディフェンスを展開するもの一瞬の隙をつかれ新外国人クライトンにネットを揺らされた。これが決勝点になり、2-1でグランパスの勝利に終わった。陽気で情熱的なクライトン。ゴールを決め、ゴール裏の看板を超えて、ゴールゲットをアピール。瑞穂のファンを魅了した。下の写真はスタンドのファンに向かって挨拶する選手たち。

$デスペラード持田の場末ブログ



 大変個人的なことだが私は勝利にうかれて秋田選手の背番号が入ったタオルマフラーをなくしてしまった。1575円したタオルの紛失はいくら試合に勝てたとは言えども痛いものだ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デスペラード持田

Author:デスペラード持田
名古屋グランパス、カズファンだが、サッカー実技は母校・惟信高校の練習試合用シャツの10番をウケ狙いで着せられたCF、OH。カズの代表復帰、Jリーグの改革案を日夜、中日スポーツに投書していた。サザエさん、Every Little Tihng持田香織を寵愛。愛知学院大学歴史学科卒。卒論は近衛文麿内閣について。カレー、ガイア、カンブリアも大好き IS01、IS05ユーザ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デスペラード持田の新・場末ドリーム
デスペラード持田の新・場末ドリームのランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア
名古屋市中川区
おいしいおすし


喜美東鮓
きみあずまずし










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR