fc2ブログ

カイジ試写会

映画カイジの試写会に行ってきた。

会場が映画館で時間帯が遅い場合は舞台挨拶がある可能性大という助言を試写会の常連から聞いていたが、その通りになった。

主人公カイジ役 藤原竜也
賭博船に引きづり込む遠藤役 天海祐希
監督 佐藤東弥

の三人が名古屋の三井ビルの映画館に集結。

舞台での印象

藤原竜也は背が高くて姿勢がいい。

天海の身長も172cmでかなりの長身だけど、だいぶ大きく見えた。
公称178cmだけど185くらいイメージ。

とにかくかっこよくてたまらない男だった。

天海はよくしゃべるおばさん。

宝塚の人ってあまりしゃべらないイメージだったけど、ヅカファン幻滅?するくらいよくしゃべっていた。

監督はおとなしいおじさん。


核心に触れないよう映画の感想を書こうと思う。

カイジというか福本伸行の絵といえば鼻がとがっていて、カエルみたいな二重瞼ややたら見開いた目が特徴。一度もきちんと原作を見てないので端的だがこれが作品の印象。

イケメンなどでてこない作品で藤原竜也がカイジなんて男前すぎると思ったが、どうしたことかフィットしていた。トレードマークの八重歯が見せて絶叫してもカイジに見えた。

舞台挨拶で天海が言ったようにカイジの目つきに注目して物語を追うといいと思う。

香川照之はどうにもならないクズで終始死んでほしいと思った。

映画「剣岳」の時は素朴な山の案内人だったのに・・・。
映画「20世紀少年」ではヨボヨボでおとなしいヨシツネだったのに・・・。

死ねと思わせたということはそれくらいいい演技なのだろう。

天海はなんというのか化粧の具合と言い、背の高さと言い、痩せ具合と言い、次の仕事は妖怪人間ベムのベラしかないと思った。

繰り返そう。

映画監督は実写版妖怪人間ベムのベラのオファーを天海祐希にかけるべき。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デスペラード持田

Author:デスペラード持田
名古屋グランパス、カズファンだが、サッカー実技は母校・惟信高校の練習試合用シャツの10番をウケ狙いで着せられたCF、OH。カズの代表復帰、Jリーグの改革案を日夜、中日スポーツに投書していた。サザエさん、Every Little Tihng持田香織を寵愛。愛知学院大学歴史学科卒。卒論は近衛文麿内閣について。カレー、ガイア、カンブリアも大好き IS01、IS05ユーザ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デスペラード持田の新・場末ドリーム
デスペラード持田の新・場末ドリームのランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア
名古屋市中川区
おいしいおすし


喜美東鮓
きみあずまずし










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR