fc2ブログ

万年筆をプレゼントしたがる波平

日曜のサザエさんの録画をさきほどみた。

6/22 サザエさんラインナップ

∴カツオテスト前夜(作品No.6039)脚本・雪室俊一
∴父さんの万年筆(作品No.6040)脚本・雪室俊一
∴宿命のライバル(作品No.6041)脚本・城山昇

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=32123745&comment_count=41&comm_id=8992

↑サザエさんコミュのレビュー

2話目の父さん万年筆

出先でお茶を飲みながら、中学生になったらカツオに万年筆をプレゼントすると宣言する波平。

ところがカツオは万年筆よりボールペンがいいという。遠慮はいらないと波平は万年筆をすすめる。しかし、カツオは波平の想像の上を行くものを欲しがっていた。

カツオが欲しいのは赤、黒、シャープペンが一体化したボールペン。

みなさんも1セットくらい持っている便利な代物だが、役割がはっきりしていないこういうものに対して、くだらないものだと全否定。

大人へのパスポートも兼ねているただの筆記用具ではない万年筆。
これが波平の主張だ。

便利さか大人へのパスポートか。

そんなときにマスオがゴルフコンペの景品を持って帰る。
カツオが欲しがっていた三色ペン。

ごくありふれたもののはずだが、ワカメ、タラヲともに利便さに感動。
アニメ・サザエさんの設定は現代なのだからこんなもので驚かないでほしいものだ。同時にカツオの物欲の無さにも驚く。100円ショップでも買えるものを欲しがるのはいつも大胆な発想で驚かせる彼らしくなく違和感を覚えた。

当然の如く、このあと家族の間は気まずい雰囲気になった。
人風呂浴びていっぱいやれば機嫌が直るというカツオの予想も外れる。

気配りの男、マスオはその時動いた。
はじめて万年筆を買ってもらった時のエピソードを波平に語り出した。
波平の表情がおだやかになり、波平も中学生の時万年筆買ってもらった話を語り、サザエ、フネも続き家族円満のラストへ。

飲み会で近況の話のネタが尽きてはじめる初めてまぐわった時の話のようだと私は思った。

キーワードが奇しくも大人へのパスポートだから…。

筆者である私は200円の万年筆しか使ったことがない。
磯野・フグ田の人間からすればピンサロでしか女を知らない男のようである。

読者のみなさんは万年筆を経験しましたか?


火曜日にサザエさんのレビューを書くとサザエさん(再)が火曜日に放送されていた頃の気分になる。

火曜日のサザエさんが終わったのは1996年3月。

大学へ進学を決めた頃だった。

その時は気にもしていなかった気がする。

小学校の時、サザエさんフリークになり、疑問に感じながら惰性で見ていた中学時代、サザエを見なくなった高校時代。


あの日に帰りたい。


何事もなかったかのように終了した再放送サザエさん最後の日を見てみたい。

なお、1996年6月にはサザエさんは刺激が少なすぎると書いたサザエさんのパロディ小説「玉砕」を私は台学内の同人誌で発表し、話題を呼んだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デスペラード持田

Author:デスペラード持田
名古屋グランパス、カズファンだが、サッカー実技は母校・惟信高校の練習試合用シャツの10番をウケ狙いで着せられたCF、OH。カズの代表復帰、Jリーグの改革案を日夜、中日スポーツに投書していた。サザエさん、Every Little Tihng持田香織を寵愛。愛知学院大学歴史学科卒。卒論は近衛文麿内閣について。カレー、ガイア、カンブリアも大好き IS01、IS05ユーザ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デスペラード持田の新・場末ドリーム
デスペラード持田の新・場末ドリームのランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア
名古屋市中川区
おいしいおすし


喜美東鮓
きみあずまずし










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR