fc2ブログ

アジアの純真

今日のサザエ、ニュータイプの作品が出た。

一話目の「カツオ一芸に生きる」。脚本はまたしてもまたしても雪室俊一先生。

▽カツオ一芸に生きる  雪室俊一
▽日曜大工の心得 城山昇
▽秋のお約束 雪室俊一

話のあらすじを書くと、剣玉の一芸で大学に入った人がいることを知ったCatsuoが普通に勉強するよりこっちの方が大学に入りやすいと必死にけん玉の練習をするようになる。

いわゆる一芸入試。実在し、亜細亜大学、大東文化大学が有名だ。いつも思うが、一芸はどの程度選考の際考慮に入れられるのか気になる。中学英語もろくにわからないような人間でも何かの一人者なら入れるものなのか。嫉妬になるが芸能人が一芸や推薦入試で名門私立大学に入るとずるいとしか思えないのだ。体育会系の人間同様、大学で浮いた存在になるのではと講義がつまらないときにぼんやり考えたことはみなさんもあるだろう。
大学の運動部、セミプロの世界である。サッカー部はピクシー(=ストイコビッチ)抜きの名古屋グランパスに下手すると勝つだろうし、野球部も二軍なら勝てるかもしれないレベルだった。身体はごつくて見た目が怖いし、講義にもまず出てこないからしゃべったことがほとんどない。完全に他所の人だ。だから~~~大学って、~~~選手の出身校だよねとか人に言われても先輩という感じがしない。

Catsuoは勉強でなく一芸で大学に入ろうと剣玉を練習するのだが、裏のおじいちゃんが何気なく見せた技がマスターするのに2年かかったこと、裏のおじいちゃんのより難しい技がたくさんあることを知り、まもなく断念。Catsuoに世の中そんなに甘くないと気がつかせるために剣玉を買い与えた波平。Catsuoの剣玉の暴走で硝子を割られたりと随分高くついた。

最後の締めはCatsuoの特技作りに触発されたサザエがタラヲとワカメの前で自分の特技、林檎の皮むきを披露。薄くて長い林檎の皮に興奮するタラヲとワカメ。しかし、夢中になっているうちにちゃぶ台の上に靴下のままに載ってしまい、舟に叱られるという原作ネタがラストを飾った。

この話を観て、思い出したのは私の亡き祖父だった。裏のおじいちゃんの同じく玉を手にとって軸を振り回して玉の穴に入れる技ができた。
従兄弟と私がテレビで剣玉名人が剣玉の妙技をやっているのを見て、玩具箱から取り出して剣玉をやっていたところ、祖父がやってきてとくにウォームアップなしで軽々と玉を皿に載せていた。昔は遊ぶものがなかったと言っていて謙遜していたが、あの時の驚きは忘れられない。亡き祖母の5つの玉を歌いながら上手にさばくお手玉も同じだ。

日本は職人の国と言われ、器用さを外国人に褒められることがあるが、少し昔まではその通りだと思う。祖父はけっして剣玉職人でなく、また祖母もお手玉職人でもなかった。当時の子どもとしてはスタンダードなレベルだった。

祖父が凄かったのは剣玉じゃなくて、ピンポン(祖父はなぜか卓球と一度も言わなかった)。亡くなる数日前もディサービスで介護士のおねえさん相手にスマッシュを決めていたらしい。孫の顔も時々忘れる90のじいさんだったのに

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デスペラード持田

Author:デスペラード持田
名古屋グランパス、カズファンだが、サッカー実技は母校・惟信高校の練習試合用シャツの10番をウケ狙いで着せられたCF、OH。カズの代表復帰、Jリーグの改革案を日夜、中日スポーツに投書していた。サザエさん、Every Little Tihng持田香織を寵愛。愛知学院大学歴史学科卒。卒論は近衛文麿内閣について。カレー、ガイア、カンブリアも大好き IS01、IS05ユーザ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
デスペラード持田の新・場末ドリーム
デスペラード持田の新・場末ドリームのランキング

FC2 Blog Ranking

フリーエリア
名古屋市中川区
おいしいおすし


喜美東鮓
きみあずまずし










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR